Rchr
J-GLOBAL ID:202001014926133958   Update date: Nov. 13, 2020

Hashimoto Hisashi

ハシモト ヒサシ | Hashimoto Hisashi
Affiliation and department:
Job title: Special Appointed Assistant Professor
Research keywords  (1): スポーツ医学
Papers (4):
  • 大学の体育実技における護身術を取り入れた授業の実践報告. 教育支援協働学研究. 2020. 2. 60-67
  • Hisashi Hashimoto, Motoi Shibahar, Yuki Mizuta, Kentaro Mizushima, Yuya Kusumi, Osaka Kyoiku University, Shibahara Orthopedics Sports Joint, Clinic Rehabilitation, Okubo Hospital affiliated with Seijinkai, Specified Medical Corporation. A new method for diagnosing and evaluating athletes’ nonspecific low back pain using ultrasound elastography: focusing on piriformis syndrome. スポーツパフォーマンス研究. 2019. 90. 11. 390-403
  • Hisashi Hashimoto. <実践研究>抜重トレーニングが野球盗塁スタート局面のパフォーマンスに与える影響について-野球の盗塁スタート動作改善を目指して-. 大阪教育大学紀要第67巻221〜228頁. 2019. 67. 221-228
  • Hisashi Hashimoto. A Survey of Japanese Acupuncture as a Sports Medicine Technique in a Japanese Professional Baseball Team. Middle Tennessee State University. 2001
MISC (1):
  • Hisashi Hashimoto. 大学野球投手における体力トレーニングとピッチング動作の関係. 甲南大学スポーツ・健康科学教育研究センター論集<第17号>. 2009. 17. 27-39
Books (7):
  • 新連載 究極のシンプル指導法 第6回』「指導しない指導」による正しいフォームの習得法
    報知高校野球 報知新聞社出版、 2015年9月号 162-163頁 2015
  • 『新連載 究極のシンプル指導法 第5回』姿勢反射を呼び起こすストレッチング
    報知高校野球 報知新聞社出版、 2015年7月号 116-117頁 2015
  • 『新連載 究極のシンプル指導法 第4回』野球の動作における機能的トレーニング
    報知高校野球 報知新聞社出版、 2015年5月号 126-127頁 2015
  • 『新連載 究極のシンプル指導法 第3回』動きの中での姿勢維持トレーニング法
    報知高校野球 報知新聞社出版、 2015年3月号 152-153頁 2015
  • 『新連載 究極のシンプル指導法 第2回』正しい姿勢を作るトレーニング法
    報知高校野球 報知新聞社出版、 2015年1月号 158-159頁 2015
more...
Lectures and oral presentations  (24):
  • 超音波画像診断装置Aixplorerを活用してスポーツ選手の非特異的腰痛における梨状筋症候群に着目した新たな診断
    (第31回日本整形外科超音波学会 2019)
  • 第2回スポーツ医科学スキルアップセミナー
    (第2回スポーツ医科学スキルアップセミナー2018 2018)
  • 第1回スポーツ医科学スキルアップセミナー 実践!投球障害肩の評価とアプローチ:トレーナーの立場から!
    (第1回スポーツ医科学スキルアップセミナー 実践!投球障害肩の評価とアプローチ:トレーナーの立場から! 2017)
  • 能勢町教育委員会 学校教育課学校指導係アスレティック・トレーナー研修会
    (能勢町教育委員会 学校教育課学校指導係アスレティック・トレーナー研修会 2016)
  • 第6回関西コラボレーションミーティング テーマ: 【拘縮への取り組み -理論と実践-】「投球動作における肩関節拘縮の原因と対策」 タイトル:投手の筋肥大系筋力トレーニングによるパフォーマンスの変化と肩関節拘縮
    (第6回関西コラボレーションミーティング テーマ: 【拘縮への取り組み -理論と実践-】「投球動作における肩関節拘縮の原因と対策」 タイトル:投手の筋肥大系筋力トレーニングによるパフォーマンスの変化と肩関節拘縮 2016)
more...
Education (3):
  • 2020 - Kyoto Institute of Technology バイオテクノロジー専攻
  • 1999 - 2001 Middle Tennessee State University Health Science
  • 1995 - 1998 University of San Francisco Athletic Training
Professional career (2):
  • University of San Francisco: Bachelor of Arts (University of San Francisco)
  • Middle Tennessee State University : Master of Science (Middle Tennessee State University)
Work history (3):
  • 2007/04/01 - 2009/03/31 甲南大学 スポーツ・健康科学教育研究センター所属 スポーツ・健康科学教育研究センター所属 アスレティックトレーナー
  • 2001/08/01 - 2004/01/01 (株)広島東洋カープ トレーナー部門 アスレティックトレーナー
  • 1997/04/01 - 1999/08/31 MLB San Francisco Giants (A) Athletic Trainer Department Athletic trainer
Awards (1):
  • 1998/08/01 - Professional Baseball Athletic Trainers' Society / Japan Professional Baseball Athletic Trainers' Society 日米プロ野球トレーナー協会奨学金授与 United States of America
Association Membership(s) (2):
Research Journal of Sports Performance ,  Japanese Society of Clinic Sports Medicine
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page