Rchr
J-GLOBAL ID:202001014998941676   Update date: Oct. 13, 2020

HORIE Keigo

ホリエ ケイゴ | HORIE Keigo
Affiliation and department:
Other affiliations (2):
Research field  (1): Clinical psychology
Research keywords  (1): Clnical psychology
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • psychological assesment
Papers (4):
  • Multiple-identification of Hysterics in Rorschach inkblot method. 2020. 64. 1. 38-48
  • Keigo HORIE. The process of psychotherapy with an adolescent boy and his mother in a poor holding environment. 2020. 20. 1. 54-61
  • 堀江桂吾. 精神病寛解の患者を抱えることと本当の自己のあらわれ. 思春期青年期精神医学. 2016. 第25巻. 2号. 192-200
  • 堀江桂吾. 特定不能の高機能広汎性発達障害児童にみられるWISC-IIIプロフィールの特徴と下位検査評価点のばらつき-AD/HDおよび身体化障害児童との比較を通じて-. 自閉症スペクトラム研究. 2012. 第9巻. 55-62
Books (3):
  • これからの対人援助を考えるくらしの中の心理臨床4不安
    福村出版 2017
  • これからの対人援助を考えるくらしの中の心理臨床2パーソナリティ障害
    福村出版 2016
  • これからの対人援助を考えるくらしの中の心理臨床1うつ
    福村出版 2015
Lectures and oral presentations  (4):
  • 力動的理解にもとづく継起分析-ロールシャッハ法を学ぶには その10-
    (日本心理臨床学会第37回大会 2018)
  • ロールシャッハ法における図版提示直後の眼球運動-教示法と眼球運動の関連について-
    (日本ロールシャッハ学会第21回大会 2017)
  • ヒステリーにみられるパーソナリティのスプリット
    (日本ロールシャッハ学会第20回大会 2016)
  • 精神科疾患をもつ成人患者におけるグッドイナフ人物画知能検査(DAM)の特徴-WAIS-IIIとの比較を通して-
    (日本心理臨床学会第34回大会 2015)
Education (3):
  • 2002 - 2004 東京都立大学 心理学科
  • - 2000 Tokyo Metropolitan University(東京都立大学)
  • - 1998 Kobe University
Professional career (1):
  • 修士(心理学)
Association Membership(s) (6):
包括システムによる日本ロールシャッハ学会 ,  日本自閉症スペクトラム学会 ,  日本思春期青年期精神医学会 ,  日本精神分析学会 ,  日本ロールシャッハ学会 ,  日本心理臨床学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page