Rchr
J-GLOBAL ID:202001015173440018   Update date: Jun. 03, 2021

Suzuki Shintaro

スズキ シンタロウ | Suzuki Shintaro
Affiliation and department:
Research field  (2): Foreign language education ,  Literature - European
Research keywords  (6): 17世紀フランス文学 ,  ヨーロッパ文化 ,  外国語教育 ,  ポール=ロワヤル ,  レトリック ,  パスカル
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2021 - 2022 パスカルと説得の詩学
  • 2017 - 2018 フランス文学におけるパリの表象
Papers (8):
  • 鈴木真太朗. パスカル『パンセ』における回心について. Les lettres françaises. 2021. 41
  • 鈴木真太朗. 盲目の終わりとキリスト教信仰の始まり-パスカル 『パンセ』「移行」の章をめぐって-. フランス文学研究. 2021. 41. 1-13
  • 鈴木真太朗. パスカル『パンセ』における « ironie ». フランス文学研究. 2020. 40. 1-12
  • 鈴木真太朗. パスカル『パンセ』におけるdigressionをめぐって. Les lettres françaises. 2019. 39. 13-23
  • Réflexions sur la réception des Pensées de Pascal au Japon à travers le « roseau pensant ». Acta Litt&Arts. 2019. 10
more...
MISC (2):
  • 鈴木真太朗(村上舞,モクタリ・シルヴァン,玉田優花子との共著). フランス語初級者と「書く」ー短文形式での発信事例の紹介と見えてきた課題ー. Rencontres. 2020. 34. 45-49
  • 鈴木真太朗. パスカル『パンセ』の演劇的特性をめぐって. Nord-Est(日本フランス語フランス文学会東北支部会). 2019. 12. 35-46
Books (1):
  • 遠隔でつくる人文社会学知 : 2020年度前期の授業実践報告
    雷音学術出版 2020 ISBN:9784600005191
Lectures and oral presentations  (12):
  • 回心と信仰ーパスカル『パンセ』をめぐる諸考察ー
    (日本フランス語フランス文学会東北支部会 2020)
  • パスカル『パンセ』の「移行」の章をめぐる諸考察
    (フランス近世の<知脈>第6回オンライン研究会 2020)
  • フランス語初級者と「書く」-短文形式での発信事例の紹介と見えてきた課題-
    (第34回関西フランス語教育研究会 2020)
  • パスカルの説得術-『プロヴァンシャル』の喜劇性をめぐる諸考察
    (日本フランス語フランス文学会秋季大会 2019)
  • パスカル『パンセ』の説得戦略における « ironie »についての諸考察
    (フランス近世の<知脈>第5回研究会 2019)
more...
Work history (1):
  • 2021/04 - 現在 東北大学 文学研究科フランス語学フランス文学研究室 研究助手
Committee career (1):
  • 2019/04 - 現在 東北大学フランス語フランス文学会 『フランス文学研究』編集委員
Association Membership(s) (2):
パスカル研究会 ,  日本フランス語フランス文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page