Rchr
J-GLOBAL ID:202001015412109051   Update date: Sep. 08, 2021

Kim Boyoung

キム ボヨン | Kim Boyoung
Affiliation and department:
Job title: デジタルキュレーター、アーキビスト
Research keywords  (8): 電子記録 ,  ビジネスアーカイブズ ,  デジタルアーカイブ ,  人文情報学 ,  デジタルキュレーション ,  企業博物館 ,  記録管理学 ,  アーカイブズ学
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2021 - 2022 市民参加型による写真資料のデータ構築と活用
  • 2020 - 2021 TEIを用いた『渋沢栄一伝記資料』テキストデータの再構築と活用
  • 2019 - 2020 電子記録長期保存および記述情報公開用アプリケーションの研究
Papers (5):
  • Reconstructing Text Data of the Shibusawa Eiichi Denki Shiryo Using TEI. 2020. 2020. 47-52
  • Boyoung KIM. Designing and Implementing an Archival Resource Information System Using AtoM (Access to Memory). 2020. 32. 4-29
  • Digital Archives as a Locus of Dialogue : Data Literacy and Web Design for Historians. 2018. 974. 31-38
  • KIM Boyoung. Study of the Management of Records and Archives in Private Organizations Based on an Analysis of Business Activities. Journal of the Japan Society for Archival Science. 2018. 29. 0. 4-29
  • Kim BOYOUNG. A Study of Strategies for Business Archives in United Kingdom and Japan : Towards a National Business Archives Register Building. Records Management. 2016. 70. 0. 15-36
MISC (9):
  • 金 甫榮. 第301回定例研究会「全史料協関東部会のこれまでとこれから : 定例研究会を中心に」コメント 清水善仁報告「全史料協関東部会定例研究会300回のあゆみ」に対するコメント. アーキビスト : 全史料協関東部会会報. 2020. 93. 17-19
  • 金甫榮. 巻頭言:「アーカイブズと人文情報学-コラボレーションを成功に導く鍵となるのは-」. 人文情報学月報. 2019. 92
  • 金甫榮. Tokyo Digital History連載 第6回 デジタル時代における資料の管理と利用. 人文情報学月報. 2018. 87
  • 金 甫榮. 記録を残すことの意味 : ワクワク、ドキドキする新しい世界への旅話. 青淵. 2018. 829. 40-42
  • KIM Boyoung. Report on International Council of Archives(ICA)Congress 2016 in Seoul, Korea. Journal of the Japan Society for Archival Science. 2017. 26. 0. 48-52
more...
Lectures and oral presentations  (15):
  • Reconstruction and Utilization of Text Data Using TEI: Case study of the Shibusawa Eiichi Denki Shiryo
    (JADH2021 2021)
  • TEIを用いた『渋沢栄一伝記資料』テキストデータの再構築と活用
    (国立歴史民俗博物館共同研究「総合資料学の創成」2020(令和2)年度全体集会 2021)
  • AtoMの導入ー渋沢栄一記念財団の5年の歩みー
    (オンラインミートアップ「オープンソース・システムAtoMの導入--ハードルを超えるには」 2021)
  • TEIを用いた『渋沢栄一伝記資料』テキストデータの再構築
    (じんもんこん2020 2020)
  • 組織アーカイブズ閲覧システムの構築
    (オンラインワークショップ 「『オープンでフリー』の自由と不自由-みんなで使えばこわくない?」 2020)
more...
Education (2):
  • 2021 - 現在 東京大学大学院
  • 2013 - 2015 Gakushuin University
Professional career (1):
  • 修士(アーカイブズ学) (学習院大学)
Work history (3):
  • 2021/04 - 現在 Rikkyo University
  • 2015/03 - 現在 公益財団法人渋沢栄一記念財団 デジタルキュレーター、アーキビスト
  • 2008/03 - 2015/02 東芝未来科学館 広報アーカイブズ
Committee career (1):
  • 2016 - 2017 日本アーカイブズ学会 委員
Association Membership(s) (2):
日本アーカイブズ学会 ,  記録管理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page