Rchr
J-GLOBAL ID:202001015451324431   Update date: Sep. 07, 2021

Nakagawa Yuma

ナカガワ ユウマ | Nakagawa Yuma
Affiliation and department:
Job title: 特任助教
Research field  (1): Clinical psychology
Research keywords  (5): 睡眠障害 ,  セクシュアル・マイノリティ ,  HIV/AIDS ,  認知行動療法 ,  臨床心理学
Papers (4):
  • Yuma Nakagawa, Hiroshi Moro, Satoi Kawaguchi, Masako Uchiyama, Asuka Shinbo, Yumi Saigusa, Junko Noda, Hiroki Suzuki, Satoshi Shibata, Hiromi Cho, et al. Medical Workers Anxiety about Accepting HIV Infected Persons -Examination from HIV External Workshop Questionnaire-. The Journal of AIDS Research. 2021. 23. 3. 113-121
  • 中川雄真. HIV感染例における睡眠障害:多角的視点からの検討. 日本エイズ学会誌. 2020
  • 石田 陽子, 横幕 能行, 中川 雄真, 小松 賢亮, 渡邊 愛祈, 木村 聡太, 松岡 亜由子, 豊島 崇徳, 小島 賢一. HIV診療がカウンセラーのチーム医療への姿勢に与える影響の解析 : 2015・2016年度HIV医療体制班アンケート調査から. 日本エイズ学会誌. 2019. 21. 111-117
  • 藏田 裕, 川口 玲, 渡邉 さゆり, 古谷野 淳子, 中川 雄真, 三浦 かおり, 田邊 嘉也. 新潟陽性者ピアミーティング「らっくら」取組報告. 日本エイズ学会誌. 2017. 19. 2. 97-102
Lectures and oral presentations  (13):
  • 医療従事者のHIV感染者受け入れへの不安-HIV出張研修アンケートからの検討-
    (第33回日本エイズ学会 2019)
  • 臨床心理士として-自信を守りクライエントを守る記録のあり方-
    (新潟県臨床心理士会 令和元年度第2回定例研修会 2019)
  • HIV感染症患者の睡眠障害:多角的視点からの検討
    (第32回日本エイズ学会 2018)
  • 抗レトロウイルス療法の時代における呼吸器疾患の合併に関するシステマティックレビュー
    (第32回日本エイズ学会 2018)
  • HIV感染症患者の睡眠障害と関連する要因の検討
    (第59回日本心身医学会総会 2018)
more...
Education (3):
  • 2017 - 2021 新潟大学大学院 地域疾病制御医学専攻
  • 2013 - 2015 新潟青陵大学大学院 臨床心理学専攻
  • 2007 - 2012 Sophia University Department of Theology
Work history (2):
  • 2016/04 - 現在 Niigata University Medical and Dental Hospital, Division of Infection Control and Prevention
  • 2015/04 - 2016/03 Niigata University Medical and Dental Hospital, Division of Infection Control and Prevention
Association Membership(s) (4):
日本心身医学会 ,  日本臨床心理学会 ,  日本エイズ学会 ,  日本心理臨床学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page