Rchr
J-GLOBAL ID:202001015738197244   Update date: Sep. 29, 2021

Fumino Iwakuma

イワクマ フミノ | Fumino Iwakuma
Affiliation and department:
Job title: Lecturer
Research field  (5): Philosophy and ethics ,  Economic doctrines and thought ,  Economic doctrines and thought ,  Philosophy and ethics ,  History of thought
Research keywords  (6): 批判理論 ,  フランクフルト学派 ,  アドルノ ,  マルクス ,  環境 ,  ナチズム
Papers (4):
  • 岩熊典乃. Th.W. アドルノにおける自然. 大阪市立大学. 2017
  • The Early Frankfurt School and Crisis of the Societal Relationships with Nature. 2016. 38. 38. 171-184
  • Iwakuma Fumino. Two Aspects and Their Correlation in Th. W. Adorno's "Naturgeshichte". The Annual of the Society of Economic Sociology. 2015. 37. 0. 180-191
  • 岩熊典乃. アドルノにおける<自然>と客体の優位ーーーハーバーマスによるアドルノの自然論解釈をめぐって. 経済学雑誌. 2012. 113. 2. 47-64
MISC (2):
  • Koichiro Omote, Die Gesellschaftstheorie Adornos : Zirkel und Kontingenz. 2014. 115. 2. 73-93
  • 社会思想史年表(20世紀). 古典から読み解く社会思想史. 2009. 293-296
Books (5):
  • Imperiale Lebensweise: Zur Ausbeutung von Mensch und Natur im globalen Kapitalismus
    2021 ISBN:9784000614757
  • 【共訳】『ユーロ危機と欧州福祉レジームの変容:アクティベーションと社会的包摂』
    明石書店 2015
  • ユーロ危機と欧州福祉レジームの変容ーーーアクティベーションと社会的包摂
    明石書店 2015
  • 【共著】『古典から読み解く社会思想史』
    ミネルヴァ書房 2009
  • 古典から読み解く社会思想史
    ミネルヴァ書房 2009
Lectures and oral presentations  (3):
  • 全体主義と自然ーーーナチ体制下の自然保護思想と『啓蒙の弁証法』の生命観
    (社会思想史学会 第44回大会 セッションA「自由主義思想の射程」 2019)
  • 「自然とは社会的カテゴリーである」ーーールカーチとアドルノ
    (経済社会学会西部部会 2016)
  • ホルクハイマー・アドルノにおける<自然支配>原理の考察と反ユダヤ主義分析
    (国際若手研究者シンポジウム セッション「ナチズムと移動知識人」 2014)
Education (4):
  • 2017 - 博士(経済学・大阪市立大学)
  • 2006 - 2014 大阪市立大学大学院
  • 2004 - 2006 滋賀大学大学院
  • 2000 - 2004 京都精華大学 環境社会学科
Professional career (1):
  • 博士(経済学) (大阪市立大学)
Work history (4):
  • 2021/04 - 現在 Osaka Sangyo University
  • 2020/04 - 2021/03 Ryukoku University Faculty of Economics
  • 2018/04 - 2021/03 Osaka Ohtani University
  • 2018/04 - 2020/03 大阪市立大学 経済学部 特任助教
Awards (2):
  • 2016/09 - 経済社会学会 経済社会学会高田保馬賞・奨励賞 「初期フランクフルト学派と『自然に対する社会的諸関係』の危機」
  • 2016/09 - 経済社会学会 高田保馬賞・奨励賞 「初期フランクフルト学派と『自然に対する社会的諸関係』の危機」
Association Membership(s) (4):
経済学史学会 ,  経済社会学会 ,  日本環境学会 ,  社会思想史学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page