Rchr
J-GLOBAL ID:202001016531196198   Update date: Apr. 13, 2021

Tanaka Mika

タナカ ミカ | Tanaka Mika
Affiliation and department:
Research field  (1): History - Asia/Africa
Papers (6):
  • 田中美佳. 植民地期朝鮮における崔南善の単行本出版とその編集方針-新文館刊『時文読本』を中心に-. 九州歴史科学. 2020. 48. 1-37
  • 다나카 미카. 출판사 신문관의 단행본-잡지사업 및 일본 출판계와의 관계성을 중심으로. 상허학보. 2020. 60. 267-308
  • 田中美佳. 一九一〇年代の朝鮮における新文館の児童雑誌-日本の児童文学界と崔南善-. 東洋史研究. 2020. 79. 2. 93-134
  • 田中美佳. 出版社新文館(一九〇八-一九二二)の刊行物と女性-崔南善の女性観に着目して-. 年報朝鮮学. 2019. 22. 1-26
  • 田中美佳. 崔南善主幹『青春』(一九一四-一九一八)における「世界的知識」の発信方法-日本の出版界との関係を中心に. 朝鮮史研究会論文集. 2019. 57. 105-137
more...
MISC (2):
  • 波田野節子, 田中美佳. 崔南善と吉田東伍の知られざる交友 付 崔南善の追悼文「故吉田東伍博士」の翻訳. 国際地域研究論集. 2021. 12. 103-113
  • Tanaka Mika. Aspects of Japanese publication translations in Sinmunkwan's magazines. IIAS newsletter. 2021. 88. 18
Lectures and oral presentations  (11):
  • 崔南善監修『東明』(1922-1923)について
    (2020年度九州史学会大会 2020)
  • 최남선과 일본의 출판계-신문관 간행잡지의 여성관에 착안하여-(崔南善と日本の出版界-新文館刊行雑誌の女性観に着眼して-)
    (연세대학교 근대한국학연구소 HK+사업단 제7회 해외학자 초청포럼 동아시아와 한국학의 월경(越境), 혹은 잠경(潜境) 2020)
  • 出版社新文館(1908-1922)の刊行物と女性
    (2019年度九州史学会大会 2019)
  • 신문관의 아동잡지와 일본의 아동문학계(新文館の児童雑誌と日本の児童文学界)
    (延世大学近代韓国学研究所、早稲田大学朝鮮文化研究会共催国際シンポジウム「韓国近代文学研究の展望と争点」 2019)
  • 1910年代における出版社新文館の刊行物-日本の出版界との関係を中心に
    (第3回福大韓国学シリーズ 2019)
more...
Education (3):
  • 2015 - 2021 Kyushu University
  • 2010 - 2015 Kyushu University
  • 2012 - 2013 ソウル大学校 人文大学 国語国文学科
Professional career (1):
  • 文学修士(九州大学)
Work history (4):
  • 2021/04 - 現在 Fukuoka University
  • 2021/04 - 現在 Kyushu University Faculty of Humanities
  • 2019/04 - 現在 福岡女学院高等学校 非常勤講師
  • 2019/04 - 2021/03 Japan Society for the Promotion of Science
Awards (2):
  • 2020/10 - 朝鮮学会 研究奨励賞
  • 2019/11 - 九州大学文学部同窓会 優秀研究賞
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page