Rchr
J-GLOBAL ID:202001016860894130   Update date: May. 05, 2020

Horii Junpei

Horii Junpei
Affiliation and department:
Research field  (1): Educational psychology
Papers (7):
  • 児玉真樹子, 米沢 崇, 堀井順平. 広島大学教育学部フレンドシップ事業における目標を意識した継続的な活動による児童の変容 (2) --児童の目標達成を促すファシリテーションに着目して--. 学校教育実践学研究. 2020. 26. 101-108
  • 児玉真樹子, 岡 直樹, 堀井順平. にこにこルームの学習支援が小学生に及ぼす効果 (10)--平成29年度の小学生と保護者を対象とした調査--. 学校教育実践学研究. 2019. 25. 9-16
  • 岡 直樹, 児玉真樹子, 堀井順平. にこにこルームの学習支援プログラムが学生の力量に及ぼす効果 (9)--平成29年度の学生を対象とした質問紙調査--. 学校教育実践学研究. 2019. 25. 1-8
  • 堀井順平. 個人属性と大学受験期の努力の程度による大学受験のとらえ方の違い. 広島大学大学院教育学研究科紀要 第一部 (学習開発関連領域). 2019. 68. 41-48
  • 藤木大介, 堀井順平, 二宮由樹, 外尾恵美子. 持続的注意への自覚が読解成績に及ぼす影響. 日本教育工学会論文誌. 2018. 41. supple. 117-120
more...
Lectures and oral presentations  (4):
  • 非第1志望の学生が大学受験をとらえ直す可能性についての検討--第1志望の学生との比較より--
    (日本教育心理学会第61回大会 2019)
  • 大学生のキャリア形成と大学受験のとらえ方およびその規定因--大学適応感とソーシャルサポートに着目して--
    (日本発達心理学会第30回大会 2019)
  • 大学受験の捉え方とコーピングとキャリア選択自己効力感の関係--第1志望か否かを調整変数として--
    (日本青年心理学会第26回大会 2018)
  • 大学受験のとらえ方およびコーピングと自己効力感の関連
    (日本青年心理学会第24回大会 2016)
Association Membership(s) (4):
THE JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY OF CAREER EDUCATION ,  JAPAN SOCIETY OF YOUTH AND ADOLESCENT PSYCHOLOGY ,  JAPAN SOCIETY OF DEVELOPMENTAL PSYCHOLOGY ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page