Rchr
J-GLOBAL ID:202001018987343390   Update date: Jun. 07, 2024

Ito Gen

イトウ ゲン | Ito Gen
Affiliation and department:
Other affiliations (4):
Homepage URL  (1): https://itogen.jimdofree.com
Research field  (4): Ecology and environmental science ,  Science education ,  Museology ,  Biodiversity and systematics
Research keywords  (8): 保全生態学 ,  魚類学 ,  生物地理学 ,  系統地理学 ,  環境DNA ,  淡水魚 ,  タナゴ亜科魚類 ,  外来種
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2022 - 2025 淡水魚類の遺伝的撹乱実態の解明:環境DNAによる地域集団の多種同時検出技術の開発
  • 2021 - 2023 絶滅危惧IB類のシロヒレタビラ(タナゴ亜科魚類)における国内外来集団による遺伝的撹乱を簡便に検出する環境DNA検出系の技術開発
  • 2022 - 2023 三重県におけるイシガイ目二枚貝類7種の生物地理構造の解明
  • 2022 - 2023 東海地方のタナゴ亜科魚類2種の遺伝的撹乱実態の解明
  • 2021 - 2022 希少淡水魚における外来集団による遺伝的撹乱を簡便に検出する環境DNA検出系の開発:持続的な生息域内保全に向けて
Show all
Papers (33):
  • 伊藤 玄, 村橋卓也, 内田大貴, 谷口倫太郎, 久保田潤一. 東京都および埼玉県の荒川水系から採集されたヤリタナゴの遺伝的特徴. Ichthy, Natural History of Fishes of Japan. 2024. 45. 15-18
  • Yasunori Koya, Ryotaro Morishita, Gen Ito. Process of gametogenesis in golden venus chub, Hemigrammocypris neglecta (Cyprinidae), with special regard to the comparison in initiation pattern of gametogenesis with other cyprinids. Ichthyological Research. 2024
  • 太下 蓮, 藤田宗也, 伊藤 玄. 滋賀県宇曽川水系における国内外来種オヤニラミ (スズキ目ケツギョ科)の初確認. 伊豆沼・内沼研究報告. 2023. 17. 39-46
  • 太下 蓮, 伊藤 玄. 三重県における国内外来種オヤニラミ(Coreoperca kawamebari)の初記録. 伊豆沼・内沼研究報告. 2023. 17. 29-37
  • 伊藤 玄, 北村淳一, 谷口倫太郎, 熊谷正裕. 文献情報に基づく日本産タナゴ亜科魚類における国内外来種の分布状況. 保全生態学研究. 2023. 28. 125-135
more...
MISC (10):
  • 伊藤 玄. 書評『日本の鰭脚類 海に生きるアシカとアザラシ』. 日本生態学会ニュースレター. 2022. 57. 31-32
  • 伊藤 玄. 希少淡水魚における外来集団による遺伝的撹乱を簡便に検出する環境DNA検出系の開発:持続的な生息域内保全に向けて. 2021年度(第36回)タカラ・ハーモニストファンド研究助成報告. 2022. 1-16
  • 伊藤 玄. 東海地方の揖斐川支流牧田川水系における淡水魚の遺伝的集団構造解析による琵琶湖・淀川水系との河川争奪の検証. 河川基金助成事業報告書. 2022
  • 伊藤 玄, 古屋康則. 岐阜県産魚類を用いた研究論文のリスト -1890 年から 2020 年まで-. 岐阜県水産研究所Webサイト,https://www.fish.rd.pref.gifu.lg.jp/kenkyu-houkoku/kenpou-66-70.htm. 2021
  • 伊藤 玄. 書評『北水ブックス 北海道の磯魚たちのグレートジャーニー』. 魚類学雑誌. 2020. 67. 2. 297-298
more...
Books (1):
  • 鳥羽市 海のレッドデータブック2023~鳥羽市の絶滅のおそれのある野生生物~
    Hikari Publishing Printing Co., Ltd 2023 ISBN:4893990608
Lectures and oral presentations  (23):
  • A new amplicon error filtering method for environmental DNA-based population genetic research
    (2024)
  • 環境DNAに基づくハプロタイプ分析のための新たなアンプリコンフィルタリング手法
    (第6回環境DNA学会九州大会 2023)
  • The usefulness of eDNA metabarcoding for monitoring fish fauna in a large lake: the South Basin of Lake Biwa, Japan
    (11th Indo-Pacific Fish Conference (IPFC) 2023)
  • 日本産タナゴ亜科魚類における国内外来種の分布状況
    (第10回全国タナゴサミットin手賀沼(我孫子) 2023)
  • Using eDNA metabarcoding to establish targets for freshwater fish composition following river restoration
    (The eDNA Society International Meeting 2023 2023)
more...
Education (3):
  • 2014 - 2020 岐阜大学大学院 連合農学研究科 生物生産科学専攻
  • 2012 - 2014 岐阜大学大学院 地域科学研究科 地域政策専攻
  • 2008 - 2012 Meijo University Faculty of Agriculture Department of Environmental Bioscience
Professional career (1):
  • 博士(農学) (岐阜大学)
Work history (9):
  • 2020/11 - 現在 龍谷大学 生物多様性科学研究センター 客員研究員
  • 2020/11 - 現在 Ryukoku University
  • 2019/04 - 現在 Meijo University Faculty of Agriculture
  • 2020/04 - 2023/03 Gifu University Faculty of Education
  • 2021/04 - 2022/03 Osaka University of Economics and Law Faculty of Liberal Arts and Sciences
Show all
Association Membership(s) (6):
環境DNA学会 ,  日本生物地理学会 ,  日本爬虫両生類学会 ,  水草研究会 ,  日本生態学会 ,  日本魚類学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page