Rchr
J-GLOBAL ID:202001019346074310   Update date: May. 23, 2021

LIU YIFAN

LIU YIFAN
Affiliation and department:
Research keywords  (2): 特許法 ,  知的財産法
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2020 - 2022 A comparative study between Japan and China on the description requirements of patent law
Papers (6):
  • A Case Rejecting the Revaluation of the Problems-To-Be-Solved in Consideration of the Prior Art at the Time of Filing in Determination on Support Requirements(Intellectual Property High Court, May 24, 2018). 2021. 58. 295-321
  • 劉一帆. 判例研究 サポート要件における技術水準を参酌した課題の再設定の可否. ジュリスト. 2020. 1551. 111-114
  • 劉一帆. 判例研究 機能および特性により特定したバイオ関連発明の記載要件の充足を認めた事例-PCSK9に対する抗原結合タンパク質事件-. 知的財産法政策学研究. 2020. 57. 155-187
  • 劉一帆. 判例研究 バイオ関連発明の記載要件-機能および特性により特定した発明の記載要件の充足を認めた事例-. ジュリスト. 2020. 1547. 99-102
  • Support Requirements in Food Chemistry Industry: A Comparative Study of Japan and China. 2019. 64. 12. 1018-1031
more...
Lectures and oral presentations  (7):
  • 飲食物に関する発明のサポート要件-出願時の技術水準を参酌した発明課題の再設定を否定した事例
    (東京大学・知的財産法研究会 2020)
  • 飲食物に関する発明のサポート要件-出願時の技術水準を参酌した発明課題の再設定を否定した事例
    (東京大学商法研究会 2020)
  • Description Requirements in patent law especially in Biopharmaceutical industry
    (IP Junior Researchers Workshop 2020)
  • 機能及び特性により特定したバイオ発明の記載要件の充足を認めた事例
    (東京大学商法研究会 2019)
  • 機能的な定義やスクリーニング方法により特定したクレームにつきサポート要件・実施可能要件の充足を認めた判決の意義
    (パブリック・ドメイン研究会 2019)
more...
Education (5):
  • 2019 - 現在 The University of Tokyo
  • 2017 - 2019 Hokkaido University
  • 2016 - 2017 Hokkaido University
  • 2012 - 2016 武漢大学
  • 2015 - 2016 Kobe University
Awards (1):
  • 2018/08 - 一般社団法人日本国際知的財産保護協会 AIPPI・中松記念スカラーシップ
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page