Rchr
J-GLOBAL ID:202101010945192282   Update date: Apr. 02, 2021

Sakakibara Tomoki

サカキバラ トモキ | Sakakibara Tomoki
Affiliation and department:
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • ロバート・バートン『メランコリーの解剖』におけるセネカの領有の解明
Papers (5):
  • Tomoki SAKAKIBARA. The Use of L1 as a Strategy in English Writing Pedagogy at the Postsecondary Level in Japan. Komaba Journal of English Education(東京大学教養学部英語部会). 2021. 12. 27-47
  • Tomoki SAKAKIBARA. Montaigne et la mélancolie : ce que révèle l’Anatomie de la mélancolie (1621) de Robert Burton. 2019. 28. 15-23
  • Tomoki SAKAKIBARA. Melancholy and a Tower of Solitude: Robert Burton and Michel de Montaigne. 2019. 36. 48-55
  • Tomoki SAKAKIBARA. Robert Burton and Idleness in The Anatomy of Melancholy. 2019. 17. 87-102
  • Tomoki SAKAKIBARA. Idleness and Solitariness in Robert Burton's Anatomy of Melancholy. Master's Thesis (The University of Tokyo). 2017
MISC (6):
  • 榊原知樹. ロバート・バートン『メランコリーの解剖』におけるidlenessの諸相に関する一考察. 日本英文学会関東支部第16回大会Proceedings(日本英文学会関東支部). 2019. オンライン
  • 榊原知樹. 多言語テクストの読解における機械翻訳の可能性を探る. 学術英語学会第4回年次研究大会予稿集(学術英語学会編). 2018. 24-25
  • 榊原知樹. 〔研究発表要旨〕モンテーニュとセネカ『倫理書簡集』-羅仏間借用における修辞技法の振る舞い. フランス語フランス文学研究(日本フランス語フランス文学会). 2017. 138. 227-227
  • Tomoki SAKAKIBARA. 〔エッセイ〕Montaigne m’a invité à découvrir l’univers du français. 2014. 公式ウェブサイト
  • Tomoki SAKAKIBARA, Damon SHULENBERGER, Avery UDAGAWA. Translation as Editing and Writing. SWET Newsletter (Society of Writers, Editors, and Translators). 2006. 113-14. 25-42
more...
Books (3):
  • 混沌と共存する比較文化研究
    英光社 2020
  • 比較文化の語らい
    英光社 2018
  • 比較文化論叢-異文化の懸け橋-
    英光社 2017
Lectures and oral presentations  (9):
  • 日英翻訳の基礎的ノウハウを活用したライティング教育
    (駒場言葉研究会(KLA)第23回研究発表会(東京大学) 2019)
  • エッセイの音楽性分析~頭韻とは~
    (第13回図書館ミニレクチャ(東京大学総合図書館別館ライブラリープラザ) 2019)
  • Potential Benefits and Drawbacks of Machine Translation in L2 Writing Classes
    (International Symposium on Academic Writing and Critical Thinking (Nagoya University) 2019)
  • 自動翻訳と英作文教育
    (翻訳研究会(東京大学) 2019)
  • ロバート・バートンにおけるidleness-怠惰・閑暇・メランコリー
    (駒場英語圏文学研究会(東京大学) 2018)
more...
Professional career (1):
  • 修士(学術) (東京大学)
Work history (4):
  • 2020/04 - 現在 Komazawa University
  • 2017/04 - 現在 Tokyo Healthcare University
  • 2017/04 - 2020/03 Musashino University
  • 2016/10 - 2020/03 The University of Tokyo
Association Membership(s) (3):
Society of Writers, Editors, and Translators ,  日本フランス語フランス文学会 ,  日本英文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page