Proj
J-GLOBAL ID:202104000015063062  Research Project code:09156358

カフェオイルキナ酸類による加齢障害予防効果の検討

カフェオイルキナ酸類による加齢障害予防効果の検討
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 九州沖縄農業研究センター九州バイオマス利用研究チーム, 主任研究員 )
Research overview:
サツマイモ茎葉部には、機能性物質であるポリフェノールが豊富に含まれており、その有効活用を産地で行いたいと考えている。近年、健康維持・増進のための機能性食品が多く市場に出ているが、その機能性は整腸作用や生活習慣病を対象にしたものがほとんどであり、加齢障害の予防や回復に繋がるような機能性食品はまだ開発されていない。そのため、加齢障害モデルマウスを使用し、食餌摂取での予防および回復効果の検討を行う。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page