Proj
J-GLOBAL ID:202104000072484422  Research Project code:08068811

超臨界二酸化炭素を利用した省力型害虫・鳥獣類防除剤の開発

超臨界二酸化炭素を利用した省力型害虫・鳥獣類防除剤の開発
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 生物応用化学科, 助教 )
Research overview:
本研究は徐放速度が一定で、且つ、有効期間の長い害虫・鳥獣類防除剤を開発することを目的としている。徐放性を一定に保てる基盤材としてバイオマス系の生分解性ポリマーを用い、防除薬剤には天然由来の精油を用いる。天然由来の有用な精油は高揮発性であるため、従来の方法ではポリマー中に含浸させることは困難であったが、超臨界二酸化炭素を媒体に用いることにより、これまでにない害虫・鳥獣類防除剤の開発を試みる。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page