Proj
J-GLOBAL ID:202104000090259010  Research Project code:13408289

老人性認知症の治療を目指したHDAC2選択的阻害薬の創製

老人性認知症の治療を目指したHDAC2選択的阻害薬の創製
Study period:2013 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 医学(系)研究科(研究院) )
Research overview:
初めに、既知のHDAC1/2選択的阻害薬と既知のHDAC2/3選択的阻害薬の構造をハイブリッドさせるリガンド構造を基にしたドラッグデザインにより、HDAC2選択的阻害薬の創製を目指した。しかしながら、既知のHDAC2/3選択的阻害薬は、我々の評価系では全くHDAC2/3選択性を示さず、合成したハイブリッド化合物もHDAC2選択性を示さなかった。つぎに、HDAC2のX線結晶構造を基にしたドラッグデザインおよびクリックケミストリーを用いたアプローチによりHDAC2選択性の獲得を目指した。その結果、比較的高いHDAC2選択性を示す化合物を見出すことに成功した。今後、薬理研究グループとの共同研究を行いHDAC2選択的阻害薬の老人性認知症治療薬としての開発を目指す。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page