Proj
J-GLOBAL ID:202104000117518960  Research Project code:08005378

飛躍的に遺伝子導入を可能とする新規ベクターの開発と培養表皮作製への応用

飛躍的に遺伝子導入を可能とする新規ベクターの開発と培養表皮作製への応用
Study period:2007 - 2007
Organization (1):
Principal investigator: ( , 医学部 )
Research overview:
染色体外で安定に維持され遺伝的変異を起こすことなく高効率の遺伝子導入を可能とするEpisome型ベクターを皮膚再生医学に応用し、培養表皮作製期間の短縮並びに品質の向上を目指す。本技術は表皮細胞の増殖・分化・アポトーシスを制御する遺伝子を培養表皮作製系に応用し、その根本的改良を試みるという遺伝子治療と再生医学の融合に特色がある。患者自身の細胞を用いた迅速かつ高品質なオーダーメイド医療が可能になると期待される。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page