Proj
J-GLOBAL ID:202104000240997716  Research Project code:19199143

SNSが生み出す自己像の歪み形成機構の解明とその補正法の開発

SNSが生み出す自己像の歪み形成機構の解明とその補正法の開発
National award number:JPMJPR19J6
Study period:2019 - 2022
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院生命機能研究科, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR19J6
Research overview:
本研究では、「自己顔のレタッチ(修正加工)依存」に着目し、若い女性の顔のレタッチ行動を強化する神経機構と過度な行動を抑制する神経機構を脳活動計測により同定します。また、何歳ごろから自己像の歪みが生じてくるか、様々な年齢の子供の行動を比較することで明らかにします。さらに、実際のSNSインタラクションの場に介入することで、自己像の歪みを補正できるインタラクションデザインの在り方を探索します。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 人とインタラクションの未来
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page