Proj
J-GLOBAL ID:202104000282123880  Research Project code:17940117

光による不随意運動疾患根治法

光による不随意運動疾患根治法
National award number:JPMJPR178C
Study period:2017 - 2020
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院医学研究院, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR178C
Research overview:
光操作法には、他の神経刺激法にはない、次のような優れた点があります。(1)治療に関連する神経細胞のみを刺激できるため、電気刺激では問題となる刺激の拡散による副作用を無くすことが可能です。(2)ミリ秒単位での刺激ができるため、薬によりもより短い時間の神経刺激が可能です。そのため、神経の可塑性を導ける可能性があります。これらの利点を使って、脳神経疾患治療に新たな地平を開きます。
Terms in the title (2):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 生命機能メカニズム解明のための光操作技術
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page