Proj
J-GLOBAL ID:202104000406224346  Research Project code:18068923

オートファジーを介した分泌のメカニズムとその生物学的意義の解明

オートファジーを介した分泌のメカニズムとその生物学的意義の解明
National award number:JPMJPR18H8
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 生命科学研究科, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR18H8
Research overview:
本研究では、内因性微粒子の放出メカニズムの1つである、オートファジーを介した分泌のメカニズムとその生物学的意義の解明を目指します。独自のアッセイ法と、 ショウジョウバエの遺伝学手法を組み合わせて、オートファジーを介した分泌に働く一群の遺伝子を同定します。さらに、同定された遺伝子の機能解析を通して、 オートファジーに依存した分泌のメカニズムの全容を明らかにするとともに、その生物学的な意義に迫ります。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 生体における微粒子の機能と制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page