Proj
J-GLOBAL ID:202104000657040317  Research Project code:11104536

最も簡単な部位特異的変異導入法の開発

最も簡単な部位特異的変異導入法の開発
Study period:2011 - 2012
Organization (1):
Research responsibility: ( , 総合分析実験センター, 准教授 )
Research overview:
部位特異的変異導入法は改変タンパク質を作成するための重要な研究手法であり、バイオテクノロジーの基盤技術の一つである。しかし、これまで開発されてきた部位特異的変異導入法は実験操作が煩雑であり、また、変異導入効率が高いとは必ずしも言え言えなかった。そこで、私は「最も簡単な部位特異的変異導入法の開発」を行った。その結果、開発した方法は、PCR反応を行った後に、細胞にPCR産物を導入するだけの極めて単純な方法であった。また、その変異導入効率も100%に近い、極めて高いものであった。
Terms in the title (2):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page