Proj
J-GLOBAL ID:202104000826157423  Research Project code:08001069

新規RNA核外輸送因子による抗ウイルス性自然免疫調節作用の評価

新規RNA核外輸送因子による抗ウイルス性自然免疫調節作用の評価
Study period:2007 - 2007
Organization (1):
Principal investigator: ( , 医学部医学科微生物学講座 )
Research overview:
本課題は、IFN-αによる抗ウイルス自然免疫を調節し、ウイルス感染全般に有効性が期待できる薬剤の開発を目指す。これまで、IFN-α群mRNA核外輸送に関与が示唆される新規RNA輸送因子とアンチセンス(AS) RNAを見いだした。今回、これらの発現導入によるIFN-α群mRNAの核外輸送増加とウイルス感染阻害効果を検証し、その抗ウイルス性生物活性を検定できるスクリーニング系を確立する事で、目的とする抗ウイルス薬開発の為のリード化合物候補の獲得を目指す。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page