Proj
J-GLOBAL ID:202104000847074773  Research Project code:20347835

生体機能を活用した新規バイオセンサー基盤技術の開発

生体機能を活用した新規バイオセンサー基盤技術の開発
National award number:JPMJTR20UH
Study period:2020 - 2022
Organization (1):
Research responsibility: ( , 生物機能利用研究部門 新産業開拓研究領域 生体物質機能利用技術開発ユニット, 上級研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJTR20UH
Research overview:
食品衛生管理や医療分野などにおいて、匂いの検出が注目されている中、高い感度と多様な選択性が期待されている昆虫の嗅覚受容体を発現する培養細胞に基づいたバイオセンサーの開発が進んでいる。しかし、そのバイオセンサーを現場で利用するまでの保存方法が問題になっている。これまで嗅覚受容体を発現する培養細胞が特定な匂いに対する応答性を失わずにどこでも保存できる方法を開発してきた。本課題の目的は長期的に保存可能でありながら匂い物質に対する高い応答性を示す細胞を作製した上で、センサーチップ上で活用できるシステムを開発することである。将来、どこでも利用できる小型匂いセンサーの携帯バイオデバイスを目指す。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page