Proj
J-GLOBAL ID:202104000875290716  Research Project code:07051272

ナノ制御置換型金属酸化物触媒による選択酸化反応の制御と応用

ナノ制御置換型金属酸化物触媒による選択酸化反応の制御と応用
National award number:JPMJCR02G9
Study period:2002 - 2007
Organization (1):
Principal investigator: ( , 科学研究グループ )
Research overview:
酸化反応を司るのは活性酸素とされていますが、選択酸化反応ではその表面上での密度と動きの制御が必要で す。本研究ではメタン等の選択酸化を可能にするために酸素との親和性の異なる数種の金属元素をナノオーダーで二次元的に制御した表面層を持つ置換型金属酸 化物を合成することにより、表面上に生成する活性酸素の密度と動きを制御し、含酸素化合物生成の選択性の向上を試みます。この活性酸素の制御法はメタンの 他、プロピレン等広く炭化水素の選択酸化反応への応用も期待できます。
Research program:
Parent Research Project: 環境保全のためのナノ構造制御触媒と新材料の創製
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page