Proj
J-GLOBAL ID:202104000920166231  Research Project code:15656466

超一様性の理論と諸科学におけるランダムネスへの展開

超一様性の理論と諸科学におけるランダムネスへの展開
National award number:JPMJCR15D4
Study period:2015 - 2017
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院理学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR15D4
Research overview:
諸科学・実社会にあらわれる多くの現象に、「デタラメさ=ランダムネス」があらわれます。量子力学や株価変動が代表です。デジタル計算機により「真のランダムネス」を創り出すことは不可能ですが、「擬似乱数」という模造品がフォン・ノイマンにより生み出され、真のランダムネスよりも有効に使われています。本研究は、さらに有効な「超一様性」を数学理論を用いて生み出し、実用に供することを目的とします。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 現代の数理科学と連携するモデリング手法の構築
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page