Proj
J-GLOBAL ID:202104001033717467  Research Project code:08000630

水浸法による超音波乳ガン検診装置の要素技術の開発

水浸法による超音波乳ガン検診装置の要素技術の開発
Study period:2007 - 2007
Organization (1):
Principal investigator: ( , 保健学部 放射線・情報科学科, 教授 )
Research overview:
現在、超音波による乳がん検診は検査技師が手動で行っている。しかし、時間がかかりかつ技師の技能に大きく依存するなど検診には不向きであり、自動化された検診装置の開発が強く望まれている。本研究では、超音波ビームの電子走査および機械走査を併用した水浸法による自動超音波検診装置の実用化を目指し、最も重要な機械走査部分の機能試作を行い実際に画像データの収集を行って、実用化のための問題点と解決策を明らかにする。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page