Proj
J-GLOBAL ID:202104001107527983  Research Project code:20348975

希薄CO2の分離・回収のための膜分離システムの開発

希薄CO2の分離・回収のための膜分離システムの開発
National award number:JPMJTR203C
Study period:2020 - 2022
Organization (2):
Corporate responsibility:
Research responsibility: ( , 化学プロセス研究部門 )
Research overview:
パリ協定に基づく二酸化炭素の削減目標を達成する上で、分散型排出源から放出された二酸化炭素を分離・回収し、固定化するプロセスの実現が望まれる。提案者は二酸化炭素を選択的に吸収透過する小型分離膜の開発に成功している。そこで、この技術をベースとして、大気などに含まれる希薄な二酸化炭素を分離・回収する膜分離システム、及び二酸化炭素を有価物へ固定化するシステムの社会実装を目指す。本支援プロジェクトでは、二酸化炭素分離膜の高性能化、分離膜の連続生産技術の開発、前記分離膜を用いた膜モジュールの開発、さらに、膜分離システムの開発を実施する。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page