Proj
J-GLOBAL ID:202104001225839590  Research Project code:7700008082

バイオミメティック分子認識素子を用いるリン酸イオン計測用センサー

バイオミメティック分子認識素子を用いるリン酸イオン計測用センサー
Study period:2006 - 2006
Organization (1):
Principal investigator: ( , 技術振興部先端科学技術研究所, 次長 )
Research overview:
本研究はモレキュラーインプリント法と呼ばれるテーラーメイド的に目的とする分子(本研究ではリン酸イオン)に特異的結合能を有するポリマーの合成法を用い、そのポリマーを分子認識素子に用いるバイオミメティックセンサーの構築を目的とする。河川や湖沼中のリン酸イオン濃度の上昇はカビ臭の原因となるアオコの発生の要因となっており、環境水中のリン酸イオン濃度を連続的にモニタリングすることでリン排出の抑制等の効果が期待できる。本研究では安定性にも優れた人工材料を認識素子に用いているため、河川において長期わたるリン酸イオンのモニタリングが可能になると考えられる。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page