Proj
J-GLOBAL ID:202104001316611312  Research Project code:11101581

蛍光・ニトロキシルプローブを用いた生体内酸化ストレスの評価

蛍光・ニトロキシルプローブを用いた生体内酸化ストレスの評価
Study period:2011 - 2011
Organization (1):
Research responsibility: ( , 先端融合医療レドックスナビ研究拠点, 准教授 )
Research overview:
本研究は、ニトロキシルラジカルのラジカル反応性と蛍光検出を利用して、脳虚血再灌流ラットにおける酸化ストレスをより高感度に評価することを目的とした。蛍光・ニトロキシルプローブは、すでに脂質ラジカルとの反応性を報告しているDansyl-TEMPOを用いた。ラットの脳梗塞半球にてdansyl-TEMPOの蛍光強度の増加が認められたが、十分な強度は得られなかった。そこで、さらなる高感度化を目的として、いくつかのプローブを合成し、培養細胞系での脂質ラジカル検出を試みたところ、側鎖によって蛍光強度に違いが認められた。今後は、これらの新規プローブを疾患モデル動物に適応し有用性を示し、これまでにない酸化ストレスプローブ開発を行っていきたいと考えている。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page