Proj
J-GLOBAL ID:202104001406465889  Research Project code:07051387

多ニューロン活動を可視化して脳回路システムに迫る

多ニューロン活動を可視化して脳回路システムに迫る
National award number:JPMJPR06K1
Study period:2006 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院薬学系研究科, 講師 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR06K1
Research overview:
脳の理解には機能素子であるニューロンの大規模記録が必須です。本研究では、新しいカルシウムイメージング法を用いて、数百のニューロン活動を高空間分解能で一斉に可視化し、かつて例がないほどの大規模なスパイク列データを再構築します。大脳皮質や海馬の多シナプス経路に着目し、入力情報がどのように修飾されながら、あるいはどのように回路に可塑的な痕跡を残しながら伝播するかを探求し、回路作動原理の解明を目指します。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 生命システムの動作原理と基盤技術
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page