Proj
J-GLOBAL ID:202104001439753626  Research Project code:18070474

大規模ゲノム改変を可能にするRNAサイレンシング回避技術の確立

大規模ゲノム改変を可能にするRNAサイレンシング回避技術の確立
National award number:JPMJPR18K2
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 定量生命科学研究所, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR18K2
Research overview:
植物のRNAサイレンシングは人為的に導入した外来DNAの機能発現を阻害します。そのため、大規模ゲノム改変など、将来的に高機能物質生産が期待できる技術の導入を妨げると予想されます。本研究は新規試験管内系を用いた生化学に情報科学的アプローチを加えることによって、RNAサイレンシングを引き起こす隠れた法則や特徴を発見します。これを基盤として、高効率で外来DNAの発現を可能にする技術開発を目指します。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: ゲノムスケールのDNA設計・合成による細胞制御技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page