Proj
J-GLOBAL ID:202104001441019263  Research Project code:09157766

Ti-S結合を利用した機能性色素錯体の集積とその機能評価

Ti-S結合を利用した機能性色素錯体の集積とその機能評価
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 地域連携推進センター, 准教授 )
Research overview:
フタロシアニンは、有機色素太陽電池や有機半導体への応用が期待されているが、高凝集性、低溶解性のため、光機能性色素としての性能は充分発揮できていない。そこで、本応募課題ではフタロシアニン金属錯体の機能をさらに引き出すため、中心金属上の軸配位子を検討することで、フタロシアニンを半導体基盤表面等に集積させ、光機能性色素としての機能評価を行うことを目的とする。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page