Proj
J-GLOBAL ID:202104001458049581  Research Project code:12101363

食品分析用バイオセンサの試作評価

食品分析用バイオセンサの試作評価
Study period:2012 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 大学院工学研究院生命工学専攻, 教授 )
Research overview:
東北大学マイクロシステム融合研究開発センターで開発している第2世代のバイオチップ(BioLSI)をプラットフォームとして利用し、食品中毒原因微生物検出の可能性について実証実験を行った。日本で発生する食中毒の最も主要な原因であるノロウィルスを検出する対象とし、これを特異的に認識できるDNAアプタマーの探索を行った。探索の結果、目的のDNAアプタマーを取得することが出来た。また同時にBioLSIにアデノシンアプタマーを固定化し、アデノシンが検出できるかを検討したところ、アデノシンへの応答電流を検出することができ、アプタマーを固定化したBioLSIによる、ノロウィルスの検出の可能性が示された。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page