Proj
J-GLOBAL ID:202104001467217357  Research Project code:13409017

液中プラズマ法による機能性セラミックスナノ粒子の合成

液中プラズマ法による機能性セラミックスナノ粒子の合成
Study period:2013 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 産業技術センター, 主任研究員(移行) )
Research overview:
各種磁性材料、電子材料等の製品用原料粒子として使用されている機能性セラミックスでは、焼結温度を下げるため30nm~100nm程度のナノ粒子が用いられている。本テーマでは、通常合成には高温が必要である機能性セラミックスナノ粒子について、常温下で高温結晶相ナノ粒子が得られる液中プラズマ法での合成を目的とした。これまで液中プラズマではγアルミナ粒子が合成されており、それを考慮しMg,Al塩水溶液をプラズマ処理したところ、数十~百数十nmのスピネルナノ粒子が得られた。また、同じスピネル構造を有し工業材料として重要な、亜鉛フェライトおよびニッケルフェライトナノ粒子の合成も行い、相の生成を確認した。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page