Proj
J-GLOBAL ID:202104001506168326  Research Project code:19316650

メカノサーマル工学による熱電技術の低コスト化と高付加価値化

メカノサーマル工学による熱電技術の低コスト化と高付加価値化
National award number:JPMJCR20Q3
Study period:2020 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学系研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR20Q3
Research overview:
これまで開発してきたシリコン(Si)ナノ複合焼結材料およびSi系ナノ構造制御薄膜について、熱電ひずみエンジリアンリングの実証・実践を通じて、室温付近での高性能化、バルク化・大面積化、および材料・プロセスの低コスト化を実現し、それぞれを熱回収率の高い面直温度差・伸縮型、および面内温度差・折り紙型のフレキシブル熱電デバイスに仕上げる。これらを通じて、熱電変換技術を低コスト化および高付加価値化することで普及拡大に繋げることを目指す。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 微小エネルギーを利用した革新的な環境発電技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page