Proj
J-GLOBAL ID:202104001535201405  Research Project code:12101572

生殖発生にかかわる細胞のエピゲノム解析基盤研究

生殖発生にかかわる細胞のエピゲノム解析基盤研究
National award number:JPMJCR12D5
Study period:2012 - 2014
Organization (1):
Principal investigator: ( , 生体防御医学研究所, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR12D5
Research overview:
JSTは国際ヒトエピゲノムコンソーシアム(IHEC)に参加し、多くの疾患の克服や再生医療の基盤となる標準エピゲノムの解明に貢献しています。本研究では、生殖発生に関与する胎盤の4種類の細胞、および子宮内膜の3種類の細胞について標準エピゲノムを明らかにし、国際的に活用されるようにします。また、そのためのエピゲノム解析技術を確立し、新たな技術開発にも挑みます。さらに、明らかにした標準エピゲノムを利用して、妊娠高血圧症候群・全胞状奇胎・子宮内膜症の病態解明を行い、乏精子症でのメチローム解析を通して生殖補助医療の改善にも貢献します。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: エピゲノム研究に基づく診断・治療へ向けた新技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Research project status (1):
  • transferred Transferred to AMED in FY 2014.

Return to Previous Page