Proj
J-GLOBAL ID:202104001560190450  Research Project code:08150092

飲酒にともなうアセトアルデヒド生成による健康問題を解決する原因除去型サプリメントの開発

飲酒にともなうアセトアルデヒド生成による健康問題を解決する原因除去型サプリメントの開発
Study period:2008 - 2011
Organization (1):
Research responsibility: ( , 工学研究科, 教授 )
Research overview:
飲酒により体内で生成するアセトアルデヒドは、口臭(熟柿臭)や二日酔いなど、飲酒にともなって起こるさまざまな健康問題の原因となる。これまでに商品化されている口中清涼剤や二日酔い対策商品の商品コンセプトはこれらの問題の解決策としては対症療法的で、原因除去型のものではなかった。本研究は飲酒後に口腔内に蓄積するアセトアルデヒドを酵素的に消去し、飲酒にともなうアセトアルデヒド生成に関わる健康問題を根本的に解決する原因除去型の健康サプリメントの開発を目指す。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page