Proj
J-GLOBAL ID:202104001610986804  Research Project code:13413943

細胞内蛋白質の無侵襲原子レベル立体構造解析技術の開発

細胞内蛋白質の無侵襲原子レベル立体構造解析技術の開発
National award number:JPMJSN13B5
Study period:2013 - 2014
Organization (1):
Research responsibility: ( , 工学研究科, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJSN13B5
Research overview:
核磁気共鳴法(NMR)は、蛋白質の立体構造を原子分解能で決定できる手法である。しかし、その計測対象は、あくまで、精製・純化した試験管内の試料に限られてきた。NMR は、本来、細胞や生体に対して無侵襲な計測法である。そこで、本開発では、NMR を使って生きた細胞内の蛋白質の立体構造や相互作用、ダイナミクスを無侵襲に計測する手法を開発する。これにより、細胞内での蛋白質の働きや薬剤との相互作用などの解明が進み、医薬研究への貢献が期待される。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Research project status (1):
  • transferred Transferred to AMED in FY 2014.

Return to Previous Page