Proj
J-GLOBAL ID:202104001708244318  Research Project code:7700008109

マイクロミストを含む安定流体膜装置の開発

マイクロミストを含む安定流体膜装置の開発
Study period:2006 - 2006
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学部, 教授 )
Research overview:
ある角柱配列条件下の菱形角柱群管路においては,(1)その流出噴流がフリップ・フロップ流れと呼ばれる自励振動を伴って,流量が均等化された多数の噴流群(均等多数流量噴流群)を形成していること,(2)菱形に挟まれた最も狭い流路(最狭流路)断面位置でのラム効果による負圧を利用すればマイクロバブルを発生できること,などの新しい流体特性が明らかにされている。本研究開発においては,フリップ・フロップ流れとスリット流れを並行に供給し,それらの流れの界面における相互干渉及び流れのせん断作用を利用するという独創的なコンセプトによる安定流体膜を形成させ,さらにラム効果利用によるマイクロミストを混在させる装置の開発実験を行う。既にエアーカーテンへの応用として,この安定流体膜の検証効果確認も得られ,今回はマイナスイオンを含むマイクロミストの発生実験を行い,それを安定流体膜に組み込み,エアーシャワーなどとしての粉塵の除去や拡散防止などを目標とした装置開発研究を行う。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page