Proj
J-GLOBAL ID:202104001714056841  Research Project code:13409754

植物病原菌類の細胞壁成分を利用した耐病性向上剤の実用性評価

植物病原菌類の細胞壁成分を利用した耐病性向上剤の実用性評価
Study period:2013 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 生物資源学部, 教授 )
Research overview:
本研究開発の目標は、キチンオリゴ糖を耐病性向上剤や生長促進剤、品質向上剤として農業利用することである。イネや野菜を用いて試験を行った結果、これらの効果を実際に確認することができ、全ての目標を達成することができた。今後は試作品を施設園芸・植物工場展2014(GPEC)へ出展し、来場者からの意見や反応を参考にして商品化する予定である。
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page