Proj
J-GLOBAL ID:202104001715024137  Research Project code:7700000622

“老化遅延”を目指した新たな内分泌因子の同定と応用

“老化遅延”を目指した新たな内分泌因子の同定と応用
National award number:JPMJPR02R3
Study period:2002 - 2005
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院生命機能研究科/医学系研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR02R3
Research overview:
種々の生物において「寿命を延ばす」最も効果的な方法は、カロリー制限です。その対極に、過食による現在の生活習慣病があり、「老化加速病」といえます。本研究では、筋肉、肝臓、消化管、脂肪といった生活習慣病の場である末梢臓器群が、実は数々のホルモンを分解しあい相互関連していることを示し、これらのホルモンを介したカロリー制限による「老化遅延」のメカニズムを探り、新たな「老化遅延法」の開発を目指します。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: タイムシグナルと制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page