Proj
J-GLOBAL ID:202104001762884080  Research Project code:18071588

パーソナルデータエコシステムの社会受容性に関する研究

パーソナルデータエコシステムの社会受容性に関する研究
National award number:JPMJRX18H2
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院情報理工学系研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJRX18H2
Research overview:
価値の大半は個人向けサービスに由来し、その価値を高めるにはサービス受容者である個人に関するリッチなデータを活用する必要がある。パーソナルデータの管理を本人に集約し、個人のリテラシーやスキルに応じて本人主導でそのデータを活用することにより、社会全体の価値が高まるようなパーソナルデータエコシステムを構築することが望ましい。 本研究では、社会受容性が高いパーソナルデータエコシステムを実現するため、個人や企業を含むあらゆる参加者が適正な価値(経済的価値に限らない)を享受し過度の負担や不安を免れるようなサービスやデータ共有・活用の方法を設計し、実証フィールドの調査等によって評価・検証する。これにより、パーソナルデータ活用による価値創造を持続的に発展させる仕組みを提言する。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 人と情報のエコシステム
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page