Proj
J-GLOBAL ID:202104001914816107  Research Project code:08069708

転移性乳がん細胞を標的とした抗がん剤の開発と応用

転移性乳がん細胞を標的とした抗がん剤の開発と応用
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 先進医工学研究機構, 助教 )
Research overview:
がん化誘導因子を標的とする抗体型抗がん剤は「標的因子の活性阻害」や「免疫系細胞によるがん細胞駆除」を誘導する医薬品で近年急速に発展してきた。これまでに申請者は、乳がん細胞の転移能活性化因子を標的とするモノクローナル抗体を調製し、その分子活性を抑制することに成功してきた。本研究では、遺伝子工学的方法で抗体産生細胞から抗体遺伝子を単離し、「抗体分子構造のヒト化」と「抗体機能の強化」を行い、対がん効果を増強することで臨床への応用を目指す。
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page