Proj
J-GLOBAL ID:202104001946214613  Research Project code:11102764

女性の尿失禁予防・改善を目的としたサポート下着の社会実装

女性の尿失禁予防・改善を目的としたサポート下着の社会実装
National award number:JPMJRX11A8
Study period:2011 - 2014
Organization (1):
Principal investigator: ( , 医学部 )
Research overview:
腹圧性尿失禁の症状を有しながらも、抵抗感や羞恥心から受診せず放置している女性や、罹患リスクのある女性が多いことから、負担が少なくセルフケアが容易な予防・改善方法の開発が急務となっている。本活動は、体型補正などの用途で開発されたサポート下着(着用による骨盤内臓器挙上と筋肉強化作用を有する)の着用効果について縦型オープンMRによる骨盤内画像と自覚症状によって有効性・持続性を評価する。これにより、成熟期・更年期の女性を対象にサポート下着の腹圧性尿失禁予防・改善効果を実証するとともに、自治体の健康支援事業や産後の保健指導への導入を通じ、簡易なセルフケアの1つとしてサポート下着による腹圧性尿失禁予防・改善を促進する。
Research program:
Parent Research Project: 研究開発成果実装支援プログラム(公募型)
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page