Proj
J-GLOBAL ID:202104002006872279  Research Project code:08069901

自動生体上皮採取装置の開発と応用

自動生体上皮採取装置の開発と応用
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院先端生命科学研究院, 助教 )
Research overview:
生体において腸管は栄養の消化・吸収のみならず、自然免疫および獲得免疫の発動といった生体防御にも深く関連している。小腸上皮の機能研究のためには、機能単位である絨毛および陰窩を採取する必要がある。我々はこれまでに、世界に先駆けてマウスおよびヒトの小腸上皮からの上皮細胞採取法に関するノウハウを蓄積してきた。本研究ではこれまでに蓄積したノウハウを用い、実験条件を制御し、実験者の技能に依存しない世界初の汎用的な上皮採取装置を開発する。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page