Proj
J-GLOBAL ID:202104002065291298  Research Project code:10101519

iPS細胞を用いた造血器腫瘍の病態解明と治療法の探索

iPS細胞を用いた造血器腫瘍の病態解明と治療法の探索
National award number:JPMJCR10I2
Study period:2010 - 2014
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院医学系研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR10I2
Research overview:
本研究では、従来十分な数を得ることが難しかった患者由来の白血病細胞をiPS細胞化し、必要に応じて増幅・利用可能で、がん研究に広く活用できる生きた疾患細胞バンクの実現を目指します。これらの白血病iPS細胞を血液細胞へ分化誘導し、今まで困難であったゲノム・エピゲノム・プロテオーム解析や薬剤感受性試験などを行い、新たな治療標的分子を同定します。これをもとに分子標的薬の探索を行い、革新的治療法の開発を目指します。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 人工多能性幹細胞(iPS細胞)作製・制御等の医療基盤技術
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Research project status (1):
  • transferred Transferred to AMED in FY 2014.

Return to Previous Page