Proj
J-GLOBAL ID:202104002140748088  Research Project code:09157213

液晶ディスプレイのアンカリングエネルギー、弾性定数同時測定系の開発

液晶ディスプレイのアンカリングエネルギー、弾性定数同時測定系の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学研究科 )
Research overview:
液晶テレビは一層の高速化、低価格化が求められている。このためには効率的な液晶ディスプレイ設計と液晶材料開発が必要となり、基板界面における液晶分子の拘束力の強さを表わすアンカリングエネルギーと液晶の弾性体としての特性を表わす弾性定数の測定が不可欠になる。ここでは、従来の測定法に比べ、アンカリングエネルギー、弾性定数を同時にかつ正確に評価できる新しい手法を提案する。これにより、効率的な液晶ディスプレイ設計、効率的な液晶材料開発が可能となる。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page