Proj
J-GLOBAL ID:202104002152215204  Research Project code:12101255

皮膚組織選択的エストロゲン合成誘導薬の開発

皮膚組織選択的エストロゲン合成誘導薬の開発
Study period:2012 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 大学院医学系研究科 医科学専攻, 教授 )
Research overview:
表皮におけるaromatase、STS、EST、17β-HSD1、17β-HSD2の発現について免疫組織化学法を用いて検討した。表皮における解析では、aromatase、STS、EST、17β-HSD1の陽性所見が基底層から顆粒層において認められ、局所でのエストロゲン濃度との関連から、aromataseのエストロゲン合成に対する寄与が高いことが明らかとなった。また、エストロゲンを代謝する17β-HSD2は皮脂腺のみで発現を認め、皮脂腺分化に関与するPPARγとの逆相関を確認した。以上、皮膚組織選択的エストロゲン合成誘導薬の候補としてaromataseが有力であるが、さらに皮膚疾患との関連を検討することで、STSおよび17β-HSD1、さらには17β-HSD2の候補としての可能性が明らかになると考えられる。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page