Proj
J-GLOBAL ID:202104002371917419  Research Project code:12102302

酸化グラフェン生物還元電極を用いた電位制御による人工透析排水の高度処理

酸化グラフェン生物還元電極を用いた電位制御による人工透析排水の高度処理
Study period:2012 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , エレクトロニクス先端融合研究所, テニュアトラック助教 )
Research overview:
本課題は、人工透析廃水に対し、空気曝気による好気微生物処理に代わり、有機物分解により生じた電子を酸化グラフェン生物還元電極に回収することで、爆気せずとも有機物および窒素分を除去するリアクターを開発した。現在までに、0.12L~4L容量のリアクターにおいて、回収電力は目標に及ばず、4W/m3(500mW/m2)に留まったものの、滞留時間1.5日でCOD除去率92%、BOD2,000mg/Lの汚水を90mg/Lまで処理できたとともに、窒素分も排出基準値以下であったことから、設定目標を上回る結果が得られた。今後、リアクター構造を改良しつつ、さらにスケールアップし、現地での運転評価を行う。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page