Proj
J-GLOBAL ID:202104002466058693  Research Project code:08000917

導電性を有する耐摩耗性DLCコーティング法の開発

導電性を有する耐摩耗性DLCコーティング法の開発
Study period:2007 - 2007
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学研究科, 准教授 )
Research overview:
ダイヤモンド状炭素(Diamond-Like Carbon:DLC)膜は、多くの材料に対してμ=0.2 以下の低い摩擦係数を示し、かつ耐摩耗性に優れていることから、機械・工具の表面処理皮膜として加速度的に応用が展開してきているが、現状のDLC 膜はダイヤモンドに似た構造であるために導電性を有しない点で応用範囲が制限されている.そこで本研究は、申請者らの開発した「セグメント構造DLC 膜」を発展させ、具体的には従来の連続膜に対して碁盤の目の構造を有するDLC 膜を形成し(セグメント構造)、さらにこの溝部に金属を導入することにより、導電性を有し,かつ高い耐摩耗性を有するDLC 膜を開発するユニークな研究である。既に基礎的試験でセグメント構造にすることにより摩耗が改善されること、及びその原因がアブレシブ摩耗の低減であることが確認できており、自動車部品や機械部品等、導電性を有しかつ摺動する幅広い部材への適用が期待される。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page