Proj
J-GLOBAL ID:202104002474746213  Research Project code:7700005674

携帯型の非加熱深部体温計測装置の開発

携帯型の非加熱深部体温計測装置の開発
Study period:2006 - 2006
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院医学系研究科先端医療技術学, 教授 )
Research overview:
体内深部体温は、代謝活動状態を把握するのに基本的な、また病状において生体の状況を把握するのに欠かせない検査項目であり、臨床学的に重要な指標である。現在、体表から体内深部温度を計測する方法として、熱流補償法を利用した方法がある。その原理は、熱流を検出して熱流を打ち消すように発熱体の制御を行う加熱型の深部体温計測方法による。この方法は発熱体を用いるため、携帯型として長時間計測するのは難しい。そこで申請者は、非加熱深部計測法を開発し、無拘束で長時間測定できる携帯型の深部体温計測機器を開発する。既に申請者は、熱流補償法による加熱型と非加熱型の深部体温計と検出特性を比較検討した結果、深部体温検出特性はほぼ同等であることを実証した。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page