Proj
J-GLOBAL ID:202104002482719861  Research Project code:10101651

可塑的神経回路を支えるシグナル伝達の分子基盤解明と制御

可塑的神経回路を支えるシグナル伝達の分子基盤解明と制御
National award number:JPMJCR10S5
Study period:2010 - 2014
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院医学系研究科 )
Research overview:
神経回路には、遺伝子プログラムによって決定される回路(hardwired circuit)に加え、経験に依存して連結性が強化される可塑的回路(plastic circuit)の存在が想定されています。本研究では、新規のイメージング技術により、この可塑的回路を支えるシグナル伝達の分子基盤をシナプスレベルならびにシステムレベルで明らかにします。さらに、可塑的神経回路の脱構築・再構築を制御するための新技術を開発します。
Research program:
Parent Research Project: 脳神経回路の形成・動作原理の解明と制御技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Research project status (1):
  • transferred 平成26年度(2014年度)をもってAMEDに移管

Return to Previous Page